【FF14で金策をする】 甲冑師のレベルを上げる利点 できることと稼げるもの

FF14のクラフターは8種類あります。

クラフターを始めようと考えているプレイヤーはどれから始めればいいのか、どのクラスを上げたらどんなことができるようになるかが、イマイチ分からないのではないでしょうか。

各クラスを紹介していくので、参考にしていただければと思います。

今回は甲冑師です。

スポンサーリンク

甲冑師のポイント

作れるもの

鍛冶師が作れるものはタンク用防具や錬金・調理の主道具、金属材などです。

戦闘職の中ではタンクと一番相性がいいクラスとなっています。

・防具

盾、タンク用防具、槍術士

・道具

錬金術師(主道具)、調理師(主道具)

甲冑師は主にタンクの防具を担当しているため、タンクをやっているプレイヤーは自作して装備の費用を抑えることができます。

他にも錬金や調理師の主道具を作れます。

また、金属材も作れるので、そのまま甲冑の材料に使うことや、木工や裁縫など他のクラスで使うこともできます。

専用アクション

Lv15 突貫作業
Lv37 ブランド・オブ・アイス
Lv50 ピース・バイ・ピース
Lv54 アート・オブ・アイス

甲冑師が覚える「突貫作業」や「ピース・バイ・ピース」はどちらもかなり有効なアクションなので、なるべく覚えたいですね。

「突貫作業」は通常の作業よりも大きい効率で、一気に作業を進めることができるアクションです。

その分成功率はかなり低めなのですが、中難易度から高難易度まで様々な環境で使うことができます。

特に高難易度の製作時で、どう計算しても作業能力が足りない場合に使うことで、ややリスクはありますがHQ品の製作を目指すときに役立ちます。

「ピース・バイ・ピース」も突貫作業と同じく作業を進めるアクションです。

プレイヤーの作業能力関係なしに、残り工程の3分の1を進めることができます。

高難易度であればあるほど工程も多くなるので、高難易度の製作と非常に相性がいいです。

工程を節約できればそれだけ加工回数を増やすことができるので、HQ品を作るためにも必要なアクションとなっています。

稼げるアイテム

甲冑師の稼げるメインのアイテムはタンク用防具です。

タンクは人口が少なめのロールなのであまり売れ行きが良くないように思えますが、パーティの要でもあるので装備更新が熱心なプレイヤーも多く、決して売れないわけではないですね。

・・・・・・。

本当にそれぐらいなんですよね・・・。

一応調度品なども作れますが、決して多くはありません。

ただ、武器と違って防具は部位がたくさんあるので、作れるアイテムの種類は多いです。

様々な種類の防具を作ることで稼ぐタイプのクラスだと思います。

あとは金属材ですが、ほとんど鍛冶と同じです。

ただ、プレート系は甲冑しか作れないです。

鍛冶ならファイア系クリスタル、甲冑ならアイス系クリスタルを使うので、両方のクラスを上げておけば余っているクリスタルを工面することができます。

レベル上げのポイント

クラフターのレベルを上げるやり方は、グランドカンパニー納品、リーヴなど様々なやり方があります。

甲冑師に限って考えると、まずは採掘のレベルを上げた方がいいですね。

金属材を主に使用するので、採掘をやっていれば材料を自分で仕入れて費用を安く抑えることができます。

あとは他の材料として木材や革材を使用するので、木工や革細工のレベルを上げておければ、こちらも費用を節約できます。

材料をマーケットから仕入れる場合は、値段に注意してください。

金属材は飛空艇パーツの製作に必要なため、値段が高騰している可能性があります。

逆にアクアポリスによって値崩れしている材料もあるので、得になりそうなものを仕入れるようにしましょう。

タンクをやらない人でも防具を作って出品すれば稼ぐことができますし、何より覚えるアクションはどちらも高難易度で役に立ちます。

様々な製作難易度に対応するためにもこのクラスのレベルを上げましょう。