【FF14で金策をする】 クロの空想帳

入手方法

クロの空想帳で複数ラインを狙う

今回のテーマ

報酬で稼ぐ

スポンサーリンク

解説

クロの空想帳はパッチ3.4で実装された新コンテンツです。

報酬が豪華なため、金策として使うことができます。

入手したアイテムを出品して、ギルを稼いでいきましょう。

1、基本仕様

・コンテンツ解放条件は戦闘職Lv60のみ

・毎週火曜17時にリセットされ、新しい空想帳をもらえる

・空想帳自体は次々回のリセットまで持ち越し可能

・16種類のコンテンツの中から好きなものをクリアする

・コンテンツをクリアするとランダムでシール張ることができる

・シールはビンゴ帳のようになっていて、ラインを揃えると報酬がある

・シールは9枚までしか貼れない

・コンテンツクリア時に未クリアメンバーがいるとチャンスポイントをもらえる

・チャンスポイントで有利な状況を作れる(後述)

2、ライン報酬

クロの空想帳は4種類の報酬が設定されています。

9マス(0ライン)・1ライン・2ライン・3ラインにそれぞれ報酬が設定されていて、例えば2ライン揃えることに成功すれば、9マス・1ライン・2ラインの報酬をそれぞれ得ることができます。

ただし、16マスの台紙に9マスしかシールを貼ることができません。

しかもシールはランダムで張られるため、3ラインを揃えるのは至難の業です。

その分3ラインの報酬は豪華なものとなっています。

【報酬例】

~9マス~

・アラガントームストーン:詩学
・アラガントームストーン:伝承
・アラグ白金貨

~1ライン~

・マハマター
・デミマハマター

~2ライン~

・アラガントームストーン:伝承
・デミマハマター
・ミニオン:ニュー・サンクレッド

~3ライン~

・新式SP

【金策例】

・アラガントームストーン:詩学

詩学の交換品の中で金策に使えそうなものはあまりありません。

譜面くらいでしょうか。

もしくは装備と交換して、分解して出てきたものを出品するのがいいかもしれません。

詩学はAW・ZWに役立つので、まだ完成していないプレイヤーはそちらに使うのもいいでしょう。


・アラガントームストーン:伝承

一番わかりやすいのが、禁書素材や伝承素材に交換することです。

以前よりかなり値段は下がりましたが、ある程度は稼げると思います。


・マハマター

イディルシャイアで戦闘用マテリジャと交換できます。

新式や強化聖典、アレキ零式装備に装着するプレイヤーがいるため需要があります。

種類にもよりますが、赤マテリジャならだいたい20万ギル前後で取引されています。

交換前にマーケットを確認して、高値で売れそうなものを探すといいと思います。


・デミマハマター

デミマハマターもイディルシャイアでマテリジャと交換できます。

こちらはギャザクラ用になります。

まだまだガーロンド装備をそろえていないプレイヤーがいるので、需要があります。

種類にもよりますが、だいたい20万ギル以上で取引されています。(魔匠のマテリジャ以外)

交換前にマーケットを確認して、高値で売れそうなものを探すといいと思います。


・ミニオン:ニュー・サンクレッド

クロの空想帳ではミニオンも入手できます。

このミニオン:ニュー・サンクレッドは現在クロの空想帳以外で入手方法が確認できていないので、高値で取引される可能性があります。

また、同じくミニオン:ニュー・アリゼーもこのクロの空想帳で入手できるのではないかと言われています。


・新式SP

新式SPは通常の新式とは違い、確定穴が5個あります。

つまり、マテリア装着が100%成功するため、マテリジャを5個装着した強力な装備を作ることができます。

ただ、だんだん聖典装備が揃いつつあり、今回の零式は超高難易度ではないようなので、徐々に需要は下がっていくと思います。

しかし、レアな装備であることには変わりないので、高値で取引されることに変わりはないでしょう。

ちなみに、もし3ラインを狙うなら今後出現するであろうガーロンド・クラフターエプロンSPを狙うのが一番稼げると思います。

戦闘と違って、ギャザクラ装備はガーロンド装備が現最高レベルのものなので、それのSPとなると相当な価値があるからです。

しかもガーロンド・クラフターエプロンは他の部位と違ってマテリジャ5個を装着してもまだ余裕があります。

クラフターの能力を相当高めることができるので、需要があるはずです。

ガチなクラフターはギルを持っているというのも理由の1つになります。

3、コンテンツ例

 レベル49までのID
 レベル50ID
 レベル51~59までのID
 レベル60ID
 クリスタルタワー系
 マハ系
 アレキ起動・律動
 死者の宮殿・アクアポリス
 極3国系
 極3国系
 極3国系
 究極アルテマ・オーディン
 極ビス・極ラーヴァナ
 バハ
 バハ
 PVP

この中の9種類でいいのでクリアする必要があります。

クリアは制限解除でいいので、A・B・I・J・K・L・N・O辺りをパーティ募集で一気にクリアするのもいいかもしれません。

戦闘が苦手、あまりやりたくないプレイヤーはチャンスポイントのリトライをうまく使って、クリアコンテンツを増やせばいいと思います。

4、チャンスポイント

コンテンツクリア時に未クリアのプレイヤーがいると、チャンスポイントをもらうことができます。

このポイントを使って様々な効果を起こせます。

・ポイントは最大9ポイントまでで、それ以上は増えない

・チャンスポイントは新しい空想帳へ持ち越すことができるため、毎回使い切らなくてもいい

・今回の報酬があまり欲しくないなら、次回の空想帳へポイントを持ち越すのもアリ

・一度クロの空想帳コンテンツを解放すれば、空想帳を持っていなくてもポイントがたまる


【リトライ】

一度クリアしたコンテンツを取り消して、未クリアコンテンツをクリアした状態にできます。

得意なコンテンツを全てクリアしてしまい、あとは苦手なコンテンツしか残っていない時に使えばいいと思います。

・消費ポイントは1

・クリア済コンテンツは自分で選んで未クリア化にできる

・ただし、どのコンテンツがクリア済にされるかはランダム

・クリア済コンテンツを変更するだけなのでシールの枚数は変わらない


【シャッフル】

シールの位置を変更することができます。

ラインがどうしても揃わない時に使えばいいと思います。

・消費ポイントは2

・シールが3枚~7枚貼られた状態でしか使えない

・シールの位置がランダムで変化する

5、ラインの狙い方

クロの空想帳を金策として使うためには、なるべくたくさんのラインをそろえる必要があります。

そのため、ラインをそろえるためのポイントをまとめます。

・3ラインそろえるためには必ずタテ・ヨコ・ナナメに1列ずつそろう必要がある。

・3ラインになるのは11440通り中24通りしかない(約0.2%)

・基本はシールを7枚貼った状態でシャッフルを繰り返す

・あと2枚でタテ・ヨコ・ナナメに1列ずつそろうかチェックする

・ダメならやり直す

・チャンスポイントは有限なので妥協点も考えておく

基本はこのやり方になります。

7枚シールが貼った状態でシャッフルを繰り返し、あと2枚貼れば3ラインが揃う状態を目指します。

ただし注意しなければいけないのが、一度ラインがそろった状態を作っても、完成時にラインがそろっていないと報酬はもらえません。

提出時にラインがそろっているかどうかが判定ポイントなので、あまり欲張らないのがいいかもしれません。

あとはチャンスポイントの貯め方ですね。

基本は極やバハやアレキなどまだまだ参加者が少ないコンテンツを狙っていくのがいいと思います。

女神戦・エキルレ・バハ天動編といった新コンテンツを狙うのもいいでしょう。

チャンスポイントがあればあるほどシャッフルができる回数が増えるので、その分3ラインを狙える可能性も増えます。

3ラインは相当なレアなため、もし報酬を入手できれば大きく稼げるかもしれません。

しかし、1つのサーバーで数人しか入手できないレベルなので、あくまでもラッキーだったくらいに考えるのがいいです。

メインで稼げるのはマハマターなどで手に入るマテリジャだと思います。

出品して稼いでもいいですし、少し先の話ですが拡張後の需要に賭けるのもありでしょう。

ついでに稼げたらというふうに扱っていけばいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無しの出品者 より:

    3.コンテンツ例のアルファベットが一部おかしいですね。LMが被っていて、後述のクリアしやすいやつがどれかわからないかもしれません

    • ハチメン より:

      本当だ・・・。

      修正しました。
      ご指摘ありがとうございます。

  2. 名無しの出品者 より:

    チャンスポイントは、空想帳をクロちゃんに出した後、次のをもらう前(所持品に空想帳が無い状態)でも、最大9ポイントまでたまり続けますね

    • ハチメン より:

      内容を加筆させていただきました。
      ありがとうございます。

  3. 名無しの出品者 より:

    コンテンツのHにはDDだけでなくアクアポリスが対象になることもあります。
    ご参考までに。

    • ハチメン より:

      ここのカテゴリーはアクアポリスも対象なんですね。
      加筆させていただきました。
      ありがとうございます。