【FF14】メガマテリジャ実装の可能性を考える

パッチ5.0拡張版が発表されたので、徐々に予想記事も増やしていきます。

今回はメガマテリジャの実装の可能性についてです。

マテリジャは今後の名称を○○+マテリジャにするという発表があったので、ハイマテリジャの次はメガマテリジャという名前で実装されると思われます。

さらに上位のマテリアになるのでステータスもそれだけ上がるはずなのですが、ハイマテリジャが今までと違い特殊な存在なのでどうだろうという点もあるので、この辺りを考えてみます。

スポンサーリンク

メガマテリジャ実装の可能性を考える

まずは各マテリアのステータスの上昇値を見てみます。

※メイン・サブステータスは信力など一部数値が違うものがあります。

ジャ ハイ
メインステ 15 25
サブステ 12 40
作業 11 16
加工  7 10
CP  6  8
獲得 10 15
識質 10 15
GP  6  8

マテリアは拡張ごとに新たなものが追加されていったので、次の拡張でも新たなものが実装される可能性は高いです。

新たなマテリアはそれ自体が大きな商材になりますし、金策の1つとして実装するケースは充分あり得ます。

ただ、問題はハイマテリジャの存在です。

ハイマテリジャはあまりにも数値が高すぎるために現在は禁断1個目までしか装着できないという制限が設けられています。

もしメガマテリジャが実装されるならこのハイマテリジャの制限も解かれると思うのですが、さすがに全解除はされないような気がするんですよね。

例えば、武略ならステータスの差はこうです。

武略のマテリジャ   +12
武略のハイマテリジャ +40

もしハイマテリジャの制限が解かれるなら5個目までハイマテリジャで禁断した場合、ステータスが1部位につき56も上がってしまうんですよね。(帯やアクセならさらに増える)

しかもこれの確定穴にメガマテリジャを刺したと考えると、下手をすると100近くステータスの差が生まれることになります。

全部位で考えると現構成より1000以上サブステータスが上がることになるので、ここまで上がるならメガマテリジャの性能はハイマテリジャとあまり変わらないか、下手すると実装する必要さえない気がします。

ちなみにギャザクラにも同じことは言えるのですが、ギャザクラはマテリジャとハイマテリジャの数値があまり変わらないので(とはいえ、ギャザクラの場合は少しの数値の違いでも影響は大きいですが)、5個目まで禁断できるようになったからといって大きくステータスが上がるというわけではありません。

そんなわけで、とりあえず戦闘のみに絞って考えてみます。

今度は各ILごとのステータス一覧を見てみます。

※データは詩人胴防具のものを使用

DEX VIT サブ合計
IL290 206 209 382
IL300 220 226 396
IL310 235 244 408
IL320 249 260 415
IL330 264 278 423
IL340 280 296 430
IL350 293 314 451
IL360 307 333 471
IL370 322 353 491
IL380 337 374 512
IL390 353 396 532
IL400 371 419 552

同じようにILが10ずつ上がったとしてもステータスの上がり方は一定ではなく、VITなどはILが高いほど上昇量が増えていることが分かると思います。

しかしそれでも、サブステータスに注目すると最近はILが10上がったとしてもサブステータスは20しか上がりません。

ILを20上げてようやくハイマテリジャ1個分(ステータス40分)です。

つまり、最近の装備を元に考えるとIL20分で現在の最高マテリアのステータス分上がると見なせるので、次の拡張ではILの最大値が上がっているのでさらに上昇量が増えたと考えてもせいぜいIL10ごとに30上昇くらいとして、メガマテリジャの性能は+60くらいになるんじゃないかと考えることできます。

そのため、メガマテリジャはハイマテリジャよりもステータスが相当上がるとは考えにくい気がします。

むしろ考えるべきなのはハイマテリジャの禁断がどこまで開放されるかだったりします。

さらにこれだけ大量に排出されているマテリジャがもう使われなくなるとも考えにくいので、以上のことをまとめるとこんな感じになります。

-予想-

メガマテリジャ 確定穴のみ
ハイマテリジャ 禁断1個目か2個目まで
マテリジャ   禁断ラストまで

マテリア自体もけっこうな商材なので、戦闘勢の金策としてメガマテリジャを実装する可能性は高いですし、同時にハイマテリジャの性能を考えるとこうならざるを得ないのかなあと思います。

というわけで、メガマテリジャは実装される可能性は高いがハイマテリジャの性能を考えてある程度抑えめ、もしくは制限がかかった状態で実装されるんじゃないかという予想になりました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 74 より:

    つける装備のILに支配されるとかじゃないですかね

    • ハチメン より:

      変動制ですか!?
      ILによって40~80まで変化するみたいな。
      あり得ない話じゃないですね・・・。

  2. 名無しの出品者 より:

    新生から蒼天、蒼天から紅蓮へ…と、拡張を跨いだ装備更新時はステが跳ね上がってる事も多いので、メガマテリジャ(仮)もそれに準じた能力値になる気もしますね…。
    (参考:蒼天最終武器のIL275アレキ武器がサブステ合計値235に対し、IL290のAF3武器が合計値411)

    • ハチメン より:

      装備の元々のステータスを高くしておけば多少マテリアでステータスを上げても許容範囲になるという話ですね。
      蒼天から紅蓮へ変わる時に随分上がっているので、ハイマテリジャの性能を考えた上でこうなったのかなあ。
      ただ、あまり上げ過ぎると今度は漆黒のレベリングIDで装備による性能差が激しくなるような・・・どうするんだろう。

  3. 名無しの出品者 より:

    マテリア類の上昇ステそのものが見直される
    可能性も無きにしもあらずかもしれませんね
    ハイマテ40→24でメガマテリジャが48とかに

    • ハチメン より:

      これもあり得ない話ではないので怖いですねえ。
      ハイマテリジャもかなりの量を排出していますし、何か適当な理屈をつけて実装しそうな感じです。