【FF14】とあるサーバーのシロガネの土地がメンテナンス前後でどれだけ売れたのか~さらに1週間後~(パッチ4.2版)

先週のメンテナンス前とメンテナンス後で土地がどれくらい売れたかを調べてみました。

そして、そこからさらに1週間が経過したので、現在の土地がどうなったのか見てみます。

スポンサーリンク

とあるサーバーのシロガネの土地の動き ここ1週間

前回も載せたデータですが、まずは先週(火曜日)のメンテナンス前の土地の空き具合からです。

メンテナンス当日のメンテナンス前

区画 番地 番地
13 1~30 31~60 18
14 1~30 10 31~60 18
15 1~30 11 31~60 19
16 1~30 13 31~60 17
17 1~30 31~60 16
18 1~30 31~60 18

次は、先週の水曜日です。

メンテナンスの次の日

区画 番地 番地
13 1~30 31~60 10
14 1~30 31~60
15 1~30 31~60
16 1~30 31~60
17 1~30 31~60
18 1~30 31~60

そして、そこから1週間後(今日の火曜日)のデータがこうなります。

メンテナンスから1週間後

区画 番地 番地
13 1~30 31~60
14 1~30 31~60
15 1~30 31~60
16 1~30 31~60
17 1~30 31~60
18 1~30 31~60

所感

まずは7日前、6日前、今日と移り変わる中で土地の空き具合がどう変わっていったかをまとめてみます。

M・Lはほとんど売り切れているので、S土地の中で通常・拡張街をまとめた分で見てみます。

区画  7日前 →6日前 → 今日

13区画 27 → 10 → 3

14区画 28 →  9 → 5

15区画 30 →  9 → 3

16区画 30 → 11 → 6

17区画 25 →  6 → 3

18区画 25 →  3 → 1

前回の記事でも書きましたが、やはり初動は人気の土地を取りたいという勢いが強く、元々あった土地が1/3~1/4になるまで売れています。

そこから1週間が経過すると、さすがに初動の勢いはないですが、それでも地道に土地が売れていることが分かりますね。

さすがに全プレイヤーが個人宅を持っているわけではないので、まだまだ土地は売れ続けていくと思います。

やっぱりパッチ4.1~4.2で土地を大量に追加したこと、個人宅を1プレイヤー1ワールド1個に制限したことが効いているみたいですね。

ということは、FCハウスや個人ハウスを購入したいと考える場合、次の土地の追加の動きはこうなると予想できます。

・メンテナンス前の時点でMやLが売り切れているため、これらのサイズが欲しい場合は土地追加時のログイン戦争に勝たないといけない

・Sサイズであっても人気の場所は初動で買わないと空いていない可能性が高い

・個人宅かつ土地を問わないのであれば、サーバー次第だが1週間程度ならまだ土地が空いているかもしれない(ちなみにミスト・ヴィレッジの土地を見てみましたが、このサーバーはシロガネよりもう少しだけ土地が空いています)

今後、次の拡張までに土地がさらに追加されるのであれば、今回より土地の購入の動きは若干緩くなるとは思います。

それでもM・Lは相変わらず争奪戦ですね。(引っ越し機能もありますし)

新ハウジングエリアが追加されるまでは、この状況が続くと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 37 より:

    シロガネは人気ありそうだなら埋まるかもしれないけどウルダハ含めて全部で見ると埋まらないかも

    • ハチメン より:

      確かにシロガネと比べると、3国ハウジングエリアの土地は空き気味なんですよね。
      一番新しいハウジングエリアなのでシロガネが人気だからなのか、FCハウスはともかく個人宅ならシロガネにしたいという考えの人が多いのか、もう少し土地の流れを見て判断していきたいですねえ。

  2. 名無しの出品者 より:

    うちの過疎村ではシロガネのMやLでも空いている土地がたくさんあります。
    全ワールドで土地一律追加でしたのでこうなることは予想できました。

    • ハチメン より:

      サーバーによってはそういう所もあるのですね。
      最近の優遇ワールドなどの施策である程度は人口が変化したといっても、まだ家を買う、特にシロガネエリアに到着して買えるほどの影響は出ていないのかもしれないですね。