【FF14】最近のライバルウィングズの状況(パッチ4.2版)

パッチ4.2でライバルウィングズ(アストラガロス)にいくつかの修正が入りました。

・機工兵器・オートマトンに対して、射程距離15m以上の遠隔物理攻撃および魔法攻撃が、25%軽減されるようになります

・オートマトンへの回復魔法の効果が、50%減少します

・「テンション」から、受けるダメージの減少効果が削除されます

・青燐水(CE)の取得量が調整されます

・フィールド上に出現する「青燐水タンク」の配置数と出現地点が調整されます

・スチームカノンのアクション「砲撃」の射程距離が調整されます

今回はこの変更点と合わせて、最近のRW(ライバルウィングズ)がどんな感じになっているかを解説します。

スポンサーリンク

最近のRW(パッチ4.2実装から1~2週間)

GT以外はシャキりにくい

修正後のRWがおもしろいかおもしろくないかで言うと、おもしろいです。

やれることの幅が広がったので、とにかく忙しく、やることがいっぱいです。

ただ、パッチ4.2でレイドなどが追加された影響か、ゴリラ熱が冷めてしまったのか、昼間はどうにもシャキりません。(うちのデータセンターだけの話かもしれませんが)

その代わり、GT中ならかなり早い段階でシャキります。(後は休日とか)

参加したい場合はこの辺りの時間帯を狙えばいいと思います。

中央戦がだいぶ変わった

今パッチで最も変わった点が、中央戦が大きく様変わりしているということです。

以前はパワージェネレーターを占拠していると3秒でCE1が入手できるという仕様でしたが、今は5秒でCE1が入手できる仕様に変わったため、中央の重要度が下がりました。

しかも水汲みが非常にやりやすくなったので、開幕中央を無理に狙わなくてもいいようになっています。

そのため、現時点では赤陣営は基本的に中央へ行く、青陣営は好きな行動をするというケースが多い気がします。

もちろん青陣営であっても中央に行ってもいいですし、いずれは開幕中央へ行く赤陣営の人数が減れば、青側が中央を占拠するケースも出るかもしれません。

以前のような中央戦を苦手と感じている人はかなり参加しやすくなっていると思います。

では中央は平和になったかというとそうではなく、小競り合いが度々発生しているようです。

以前は中央を占拠していれば次々に機工兵器を出していけるので、相手はなかなか中央に行く余裕がありませんでした。

しかし、今は中央によるCE取得量が減り、水汲みでどんどん機工兵器を出していけるので、どちら側であっても、ある程度の余裕が生まれています。

中央を狙う余力があり、しかも中央にはあまり人がいないこともあるので中央に攻めやすくなり、結果的に中央での戦いがちょくちょく発生するようになっています。

今は今の仕様で中央戦もなかなか白熱している気がします。

水汲みが非常にやりやすくなった

青燐水の発生頻度や場所が増えています。

北エリアの水辺はあまり変わっていませんが、中央周りの水辺、北のトンネル内、中央南のエリアなどは青燐水の量が増えています。

そのため、この辺りをちょっと回るだけですぐにCEが50たまり、機工兵器を出すことができるようになりました。

クルーズチェイサーやオプレッサーをどんどん出していけるので、楽しいです。

ブルートジャスティスが敵側に出現した時は積極的に水汲みを行って、機工兵器を次々に出していくなんてこともできますね。

ただ、あまりにも簡単に水汲みができるので敵も多く、ちょくちょく遭遇して戦闘になることがあります。

敵の水汲みを邪魔しつつ、自分も生き残るような立ち回りが必要になりますね。

また、あまり水汲みに行き過ぎると、南北の人数が減ってラインが押し返されてしまうので、この辺りのバランスや役割分担も大事になってきます。

オートマトンの勢いがかなり強い

オートマトンへのヒール量が半減するようになったため、オートマトンが突撃しやすくなっています。

1パーティがオートマトンと同行するだけでもかなりのスピードでタワーを削ることができるのは以前と同様ですが、相手側にヒーラーがいてもそのまま押し通すことが可能です。

以前はヒーラーがオートマトンを回復することである程度オートマトンを維持できましたが、今回はダメージの方が勝るので、オートマトンをなかなか止めることができなくなりました。

しかもオートマトンを破壊した時に得られるCEの量が倍になったので、オートマトン攻めの有用性がさらに上がっています。

機工兵器だけでなく、オートマトンを進行させようとする敵プレイヤーをどう対処するかもポイントの1つとなります。

激戦の北といつの間にか削られる南

北側は元々戦いが激しい場所ではありますが、現バージョンではさらに激しさが増しています。

機工兵器が互いに出しやすくなったので、チェイサーによる攻撃が常に飛び交うようになり、なかなか生き残るのも大変になりました。

その中でスキを見てオプレッサーを進行させていくので、オプレッサーの移動ルートやそれに対するチェイサーの動きなども大事ですね。

そうして北が激戦区になっている間に、いつの間にか南側が削られるという事態になっています。

南側に機工兵器が行くことはあまりないのですが、オートマトンを進行させるだけでタワーがどんどん削られます。

南側に歩兵しかいないためなかなか気づかれにくく、いつの間にか南側タワーが削られているケースが非常に多いです。

これがいいことなのか悪いことなのかはまだ分かりませんが、個人的には南側もちゃんと守った方がいいんじゃないかあと思います。

今までのバージョンだと、南側を先に折るのはどちらかと言えば悪手でした。

それはブルートジャスティス召喚権を相手に与えることになるので、逆に不利になる可能性があったからです。

ところが、今は水汲みが非常にしやすいので、たとえ中央を占拠されていても次々に機工兵器を出していけます。

ブルートジャスティスを迎撃しやすくなったので、むしろ単体なら攻めてきてくれた方がいいと言えるような状況になっています。

そして、南側が折られると敵は北側に戦力を集中してくるので、こちらも北側を攻め込むのが難しくなります。

そのまま膠着状態が続いて時間切れなんてこともあるので、北にしろ南にしろ、タワーを折られるのは良くないというのが今のRWになっている気がします。

ただ、今はレイドなどで忙しく、参戦プレイヤーがまだ多くないので、今後参加人数が増えればまた状況も変わってくると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする