パッチ3.3に向けて 今までの金策をリサイクル

今まで50以上の金策を紹介してきました。

その中でもパッチ3.3に向けて、改めて金策になりそうなものをまとめてみました。

スポンサーリンク

1、鍛人のデミマテリダ

効率のいい集め方などは↓参照です。

鍛人のデミマテリダが金策に使える理由は以下の2つです。

・店売りで6000ギルで売れる

・レプリカアラガン、ハイアラガン装備の材料になっている

まず、店売りのいいところは確実にギルを入手でき、しかも好きなタイミングで売れるという点にあります。

システム相手の金策なので、パッチやマーケットの影響を受けないというのもいい点です。

ただ、パッチが進むと売却価格が修正される可能性があるので、現段階での話であるということは注意してください。

また、レプリカアラガン・ハイアラガン装備の材料になっているという点はミラプリの需要で売れるということと、もう1つはバハムート装備ですね。

まだ確定情報ではありませんが、パッチ3.3でレプリカ装備のバハムートが登場するようです。

レプリカ・アラガン、ハイアラガン装備は材料に鍛人のデミマテリダを使用していたので、同じ流れで考えると、レプリカ・バハムート装備も鍛人のデミマテリダを使うんじゃないかと考えることができます。

ただ、確定情報ではないので、この点に関してはデミマテリダを集めるかどうかは自己責任でお願いします。

あくまで自分で分解するなどして、余ったら売るくらいのスタンスでいくのがいいと思います。

2、飛空艇の材料

ハウジング需要を見込んだ金策ですね。

↓の記事は最初に作れるブロンコ級をまとめています。

ただ、飛空挺を作りたいFCは自前で材料をそろえる準備をしていると思うんですよね。

そこで狙うのはパッチ実装後の混乱です。

いざ納品しようと思ったら材料が足りない、みたいな状況でマーケットですぐに買ってくるということだけを期待します。

普段なら未知素材+軍票素材を使うダークスチールインゴットをおすすめするのですが、そういったアイテムの数を間違えるとは思えないので、数を間違えそうなものを狙います。

大量に使うスチールインゴットや素材が売っていないコバルトインゴットやローズウッド材などを狙ってみるのもいいかなと思います。

あとはパッチ直前に材料を用意していないことに気づいたうっかりさんに売れたらいいなという感じです。

3、ミラージュプリズム

改めて言うほどの内容ではないですが、装備が大量に追加されるため、ミラージュプリズムの需要が出てきます。

バヌバヌ・グナース・マハ・豚?などなど。

また、今までのパッチの流れから考えると、伝承の強化素材の入手緩和が行われる可能性があります。(吉Pインタビューを見たところ、マハから週一で入手できるようです)

強化すると別装備と見なされミラプリが外れてしまうので、触媒の需要が高まります。

今のうちに追加される装備のクラスを予想して、触媒の準備をするのもいいかもしれません。

あとはレベリングや装備などをそろえて準備することが大事ですね。

レベリング等によって、できる金策の幅が広がるので、それだけ稼ぐチャンスが増えます。

秘伝書
分解 基本編

パッチ3.3まで1週間を切ったので、今は仕込みの段階ですね。

何かこれだと思うアイテムを集めるのもいいですし、それが外れるのもパッチの楽しさの1つだとは思いますが・・・やっぱり儲かった方がいいですよね。

がんばって探します。

ギャザクラをオールカンストしてなくてもできるような金策をモットーにやっていきますね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする