【FF14 クラフター講座】レベリングのやり方 -1- (動画付き)

今回からクラフターのレベリングのやり方をまとめていきたいと思います。

クラフターのレベリングと言ってもだいたいはHQ品をどんどん作って納品していくだけなのですが、効率の良いやり方となるとなかなか紹介しているところが少ないと思います。

素材をどうやって集めた方がいいのか、どのクラスからレベルを上げていけばいいのか、装備はどうやって揃えるのか、そういったことを扱っていく予定です。

また、ブログの方では動画の補足説明を行っていきます。

スポンサーリンク

解説

今回は効率の良いレベリングのやり方はまだ触れず、基本の基本として、クラフターはどうやって経験値を入手できるかをテーマにまとめています。

アイテムを製作する以外にリーヴやグランドカンパニーなど経験値を入手できるコンテンツはいろいろあるので、それらの紹介となります。

納品するアイテムについて

リーヴやグランドカンパニーでは指定されたアイテムを納品していきます。

この時、納品するアイテムがHQ品であれば経験値が倍になるので、レベリングのためにはなるべくHQ品を納品する必要があります。

ただ、HQ品を作ると言ってもなかなか大変なケースもあるので、そんな時はどうすればいいのか・・・。

実は、この時のアイテム納品は「他人が作ったものでも大丈夫」となっています。

納品時にはアイテムの銘は判断されないので、マーケットでアイテムをどんどん買って納品してもいいのです。

つまりギルの力に物を言わせてレベリングすることもできなくはないのですね。

逆に、出品する側に回って考えると、リーヴの納品対象になっているアイテムをHQ品で出品すれば稼げる可能性もあります。

製作時のボーナスについて

アイテムを加工して完成させると、いつもより多くの経験値を入手することができます。

これは品質を上昇させただけもらえるようになるので、HQ品を作ろうと意識するだけでレベリングにもなるわけですね。

ただ、このボーナスの判定は加工によってどれだけ品質を上げたかで判断されるので、材料で品質を底上げした場合は経験値が上昇しません。

もちろん材料を底上げすればHQ品を作りやすくなるので、どうしてもHQ品を作りたいか、製作でレベリングしたいかで材料の品質を決めればいいと思います。

次回の動画

次回はレベル1からどうレベリングしていくかをまとめる予定です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする