ハウジング 値段改定

新しいハウジングの値段が発表されました。

高くなる、安くなるといろいろな予想がありましたが、結果は以前の2番目の価格帯よりも安くなるという価格になりました。

ギルの流通量からてっきり高くなると思っていましたが、まさか安くなるとは・・・。

なお、土地は第9区~12区まで増え、同時に拡張街も増えるので、計8エリアも増えることになります。

1エリアにつき30戸、3国あるので、土地は合計720個追加されるわけですね。

こうして考えれば土地を買えていないFCも買えそうな気がしますが・・・それはあとで話します。

まずは、どう値段が変わったのか、過去の値段と照らし合わせてみます。

housing1
housing2
housing3
これらが過去の値段です。そして、新しい値段は、

housing4
housing5

という形になりました。

ここから、それぞれの値段を比べてみます。

1等地

   5,000,000 →   3,750,000 (1,250,000
   37,500,000 →  20,000,000 (17,500,000
   87,500,000 →  50,000,000 (37,500,000

5等地

   4,000,000 →   3,000,000 (1,000,000
   30,000,000 →  16,000,000 (14,000,000
   70,000,000 →  40,000,000 (30,000,000

1等地

   4,000,000 →   3,750,000 (250,000
   30,000,000 →  20,000,000 (10,000,000
   70,000,000 →  50,000,000 (20,000,000

5等地

   3,200,000 →   3,000,000 (200,000
   24,000,000 →  16,000,000 (8,000,000
   56,000,000 →  40,000,000 (16,000,000

1等地

   2,500,000 →   3,750,000 (1,250,000
   18,750,000 →  20,000,000 (1,250,000
   43,750,000 →  50,000,000 (6,250,000

5等地

   2,000,000 →   3,000,000 (1,000,000
   15,000,000 →  16,000,000 (1,000,000
   35,000,000 →  40,000,000 (5,000,000

なお、低価格帯のように新価格より安い土地は、安い方が維持されます。実装される土地の値段は上記のようになります。
また、この一覧は最高値なので、30日後に半額まで下がっていきます。

さて、こうして比べてみると、MとLの割引率がとんでもなく高いですね。

Sはそれほど安くなっていないのですが、高価格帯エリアの場合、MもLも50%近く安くなっています。

これで非常に買いやすくなったと言えますが、その反面買われる可能性も高くなったと言えます。

先ほどの話にもどりますが、720個も土地が実装されれば大丈夫な気がします。
しかし、それは間違いです。

まず、実装される家の大半はSサイズです。
Sサイズの最高価格は375万ギルですが、最近金策をサボっている私でも変える金額です。

Sは瞬時に売り切れる可能性が高いです。

じゃあ、MやLは大丈夫かというと、それも微妙です。

実は去年の夏の14時間生放送で全ワールドの総ギルが発表されていたのですが、当時の段階で3兆ギルです。

イシュガルドが実装されてからかなりインフレが進んでいるので、そこから1兆ギル増えたと仮定します。

4兆ギルと考えて、現在64サーバーあるので、大きく考えて4兆÷100で400億です。

つまり、1サーバーに400億ギル流通していると考えます。

400億ギルあれば、しかもギルは持っているプレイヤーが持っているので、MやLを買うことはそれほど難しくないのです。

どちらかといえば不人気なゴブレットビュートはまだ買えるかもしれませんが、ミストヴィレッジはLさえすぐになくなるかもしれません。

土地を買いたいと考えている方はまず、現在の3国のハウジングエリアの土地を見直してみてください。

ミストヴィレッジはLさえ売り切れているでしょうか?
もしそうなら、ギルはあるけどミストヴィレッジで買いたいから我慢しているプレイヤーがいるはずです。

新価格はさらに安くなっているので、ミストヴィレッジはS・M・L全て売れてしまう可能性があります。

あとはラベンダーベッドやゴブレットビュートの土地を見てみてください。
Lしか残っていないなら、争奪戦はかなり激しくなることが予想できます。

現在の価格でLは4000万ギル、Mは2000万ギルくらいなので、Lは払えないがMは払えるプレイヤーがいるということが分かります。
また、FCの規模的にMで充分と考えるプレイヤーや、ハウジングを所持しているけどSだからMに引越したいと考えるプレイヤーもいます。

つまり、ハウジングを所持しているFCは土地争奪戦に参加しないわけではなく、M辺りは値段の手ごろさからライバルが非常に多いということが分かるはずです。

そうして土地が買われていくと考えると、意外と買える土地が残りません。
しかもFCだけでなく個人も土地を買えるので、競争は必至です。

そのため、720個も土地が追加されるから安心するのではなく、今の段階から土地をどうにかして手に入れる方法を考えなくてはいけません。
最悪、多少高くても今残っている土地を狙うというのも手の1つです。

どうしても土地が欲しい人はログインオンラインに打ち勝つか、M以上を狙ってお金を貯めるしかありません。Mでも微妙なラインですが。

このブログも金策のお手伝いをするので、家を買うためにしっかりギルをためましょう。