【FF14で金策をする】 シーズナルイベント

入手方法

期間限定ショップで購入したりする

今回のテーマ

シーズナルイベントで稼ぐ

スポンサーリンク

解説

シーズナルイベントはFF14で行われる期間限定のイベントです。

行われるイベントはだいたいこういったものがあります。

降神祭
ヴァレンティオンデー
プリンセスデー
エッグハント
ゴールドソーサー・フェスティバル
紅蓮祭
新生祭
守護天節
星芒祭

どれも季節に合わせたイベントが行われることになります。

そして、今年も星芒祭が行われます。

星芒祭2016

シーズナルイベントは期間限定のため、入手不可になるアイテムなどで稼げる場合があります。

そういった稼ぎ方を確認しましょう。

限定品

シーズナルイベントはイベントが終わると入手不可になるアイテムが数多くあります。

そういったアイテムは貴重なので、マーケットで高騰する傾向があります。

スタートップ・スターライトツリー

パイッサダルマ

そこで、シーズナルイベントがやっているうちにこういったアイテムを買い込んでおき、値段が高騰した時を見計らって売るというやり方ができます。

調度品などは季節感を出せるアイテムなので、こういったアイテムを欲しがるプレイヤーに売れるのです。

ただ、最近はこのやり方も必ずしも通用しなくなっています。


・マーケット取引不可

最近のシーズナルイベントはイベント限定ショップで販売しているアイテムもマーケット取引不可にしているケースがあり、そもそもマーケットに出品して稼ぐことができない場合があります。

いずれエクレア(ExとRare、他人への譲渡不可と2個以上持てないという意味)が解除される可能性もありますが、最近はこういったアイテムは有料のオプションアイテムに追加されるケースが増えているため、ずっとマーケット取引不可である場合も考えられます。

・再販の可能性

来年のシーズナル限定ショップで再販される可能性があり、せっかく1年間保持してきた努力が無駄になるかもしれません。

・有料アイテム化

シーズナルイベントのアイテムは、オプションアイテムのラインナップに追加されるケースが増えてきているので、有料とはいえ他の入手手段ができることで価値が下がる場合があります。

・高騰するかどうか分からない

来年の開催に向けてアイテムを保持するのですが、そもそも高騰するかどうか分かりません。

同じ考えのプレイヤーが他にもいて、思いのほか値段が上がらないこともあり得ます。


これらの可能性が考えられるので、実はけっこうリスクのあるやり方でもあります。

スタートップ・スターライトツリーのような高騰するアイテムをうまく保持できたら相当稼げますが、必ずしも成功するとは限らないので注意が必要です。

一般品

シーズナルイベントでの稼ぎ方でもう少しリスクを下げたやり方があります。

それは、通常で作れるアイテムでシーズナルイベントの雰囲気に合うものを用意するということですね。

スターライト・レイヤーケーキ

イシュガルディアン・ディナーセット

こういったアイテムは通常でも作ることができるので、次回の開催まで材料やアイテムをずっと保持する必要はありません。

売れそうなら作ればいいだけなので、需要に合わせて用意することができます。

イベントで稼ぐ

あとはイベント内容次第で毎回できるというわけではないのですが、イベントそのもので稼げるケースがあります。

イベントが開催されないと稼げるかどうかの判断がつかないので、前もって準備はできないのですが、例を挙げるとこんな感じです。

・FATEを中心としたイベントなので軍票が大量に排出される。そのため、軍票素材が安く出品されるかもしれないのでそれを買う

・イベントクリアでもらえるアイテムの売却価格が高いので、イベントを繰り返して稼ぐ

みたいな感じです。

こればかりはイベントを見て自分で思いつくしかありません。

基本は稼げないケースの方が多いと思います。

シーズナルイベントは基本的に稼ぐチャンスはあまりないとは思いますが、こういった稼ぎ方も存在します。

稼げるかどうは自分のひらめきによるものも大きいと思うので、いろいろ想像してみてください。

コメント

  1. 37 より:

    ここ1年ぐらいはユーザーも学んだのかイベント品を保存しとく人が増えたと思います。出品数が全然違いますもん。

    • ハチメン より:

      やっぱりそうですよねー。
      古いアイテムであるスタートップ・スターライトツリーは百万ギルクラスで取引されているのに、最近のアイテムであるパイッサダルマは数万クラスなんですもの。
      きっとサブキャラにたくさん持たせているんでしょうねえ。

      • 37 より:

        そこそこやってる人ならそういうことやってるかもしれませんね。
        わたしもリテイナーにいくつか持たせたりしてますし。