【FF14 金策】 アクアリウムに入れられる魚(パッチ3.4追加分)(動画付き)

入手方法

各地で釣りを行う

今回のテーマ

アクアリウムで稼ぐ

スポンサーリンク

解説

今回はアクアリウムに入れられる魚をまとめてみました。

この記事では補足説明を行います。

金策について

動画でもちょっと触れていますが、けっこう今更な金策です。

既に当ブログでも紹介している内容なので、今回は動画で分かりやすくした感じですね。

ただ、アクアリウムに入れられる魚は一度入れると、取り出す時には消滅してしまうので、需要が続くアイテムであることを利用して稼ぐことができます。

しかし、釣りやすい普通の魚で稼ぐことは難しく、釣りづらいヌシなら稼げる可能性があるというのが今回の金策となります。

↑だいたい参考価格はこの記事の通りです。

釣りづらさについて

参考価格に釣りづらさが反映されていますが、実際に釣った感想をまとめてみます。

・1位 血紅龍

パッチ3.4追加分の中で一番釣りづらいのがこの血紅龍だと思います。

釣れる条件が晴天→霧という天気の移り変わりとなっていて、これがなかなか来ないんです。

モードゥナは比較的晴れるのですが、霧がなかなかなく、晴天→霧という条件が揃うことは少ないです。

実際撮影のために何日か待ったので、釣るためには天気をこまめにチェックする必要があります。

しかも時間指定もあり、天気が移り変わる時間帯と被っているため、実際に釣れるチャンスはET4時間ほどしかありません。

さらに泳がせに成功させる必要もあり、様々な要因が重なって釣れるヌシとなっているので、釣るのは大変だと思います。

・2位 ヘルムズマンズハンド

西ラノシアは曇天がまだ多い方なので、比較的チャンスがあります。

時間もET6時間分のチャンスがありますし、血紅龍と比べれば釣りやすいはずです。

場所が幻影諸島となっているので、ここは船でしか行くことができません。

その時間のロスも考えて、余裕を持って釣り場へ向かうのがいいと思います。

・3位 マズラヤマーリン

ヌシではないですが、泳がせが多く、釣るのがちょっと大変です。

漁師のレベルを上げてペーシェンス2を覚えてから釣った方が楽ですね。

全部ストロングフッキングなので、釣ること自体は分かりやすいと思います。

次回の動画について

パッチ3.5追加分もあるので、それも作る予定です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする