【FF14で金策をする】 剛力・眼力・活力・知力・心力の錬金溶剤G3

入手方法

錬金 60☆☆☆☆
秘伝書4巻
マイスターのみ製作可能(パッチ3.4)

作業精度995以上
加工精度955以上

【剛力の錬金溶剤G3】×3

ゴブリノール      ×2
沸石          ×3
モリーユ        ×1
熊脂          ×2
ウォータークラスター  ×3
ライトニングクラスター ×3

【眼力の錬金溶剤G3】×3

ゴブリノール      ×2
沸石          ×3
キャットニップ     ×1
イノンド        ×2
ウォータークラスター  ×3
ライトニングクラスター ×3

【活力の錬金溶剤G3】×3

ゴブリノール      ×2
沸石          ×3
グリフィンの爪     ×1
ワイバーンの翼膜    ×2
ウォータークラスター  ×3
ライトニングクラスター ×3

【知力の錬金溶剤G3】×3

ゴブリノール      ×2
沸石          ×3
カベイジの野菜     ×1
ポンポンポン      ×2
ウォータークラスター  ×3
ライトニングクラスター ×3

【心力の錬金溶剤G3】×3

ゴブリノール      ×2
沸石          ×3
夕空珊瑚        ×1
青空珊瑚        ×2
ウォータークラスター  ×3
ライトニングクラスター ×3

今回のテーマ

材料を集めやすいマイスターレシピで稼ぐ

スポンサーリンク

解説

錬金溶剤G3はパッチ3.4の新式の材料として使われています。

それぞれ以下のようになっています。

・剛力の錬金溶剤G3

STR系DPSの防具やアクセ

・眼力の錬金溶剤G3

DEX系DPSの防具やアクセ

・活力の錬金溶剤G3

タンクの防具やアクセ

・知力の錬金溶剤G3

キャスターの防具やアクセ

・心力の錬金溶剤G3

ヒーラーの防具やアクセ

さて、パッチ3.4実装から3週間以上が経過し、すでに新式の値段も下がってきているので、錬金溶剤G3を金策として取り上げるのは今更な気がします。

しかし、今の時期なりに稼げる理由があるので、それを確認します。

1、材料の安価化

錬金溶剤を金策として使える理由の1つは、材料が安くなって作りやすくなったということがあります。

材料である沸石やゴブリノールがかなり安くなっています。

HQ品であっても安く買えるようになっているので、だいぶ作るのが楽になっているのではないでしょうか。

もちろん材料が安くなれば出品価格も安くなりますが、それでも一定の値段になれば下げ止まります。

そのため、これ以上安くならないということは一定の利益を維持できるため、金策に使うことができます。

2、マイスターレシピであること

マイスターレシピのため、錬金術師以外は作れません。

錬金溶剤G3は様々なクラスが必要としているため、錬金マイスター以外はマーケットから買うしかありません。

おそらくパッチ3.5になるまではマイスターが解除されないので、それまではマイスターの強みを利用して売ることができます。

3、軍票素材を使わない

マイスターレシピであるなら、シンチレーターインゴットやヘミキオンレザーなども該当します。

これらのアイテムも他のクラスのレシピの材料になっているため、マイスターでないプレイヤーはマーケットで買うしかないというのも同じです。

しかし、錬金溶剤G3は材料に軍票素材を使用していません。

伝承素材は供給が多いので安くなっていますが、軍票素材はいい供給先がないため、まだまだ高騰しています。

小隊コンテンツでも軍票を消費するので、軍票素材の値段はなかなか下がらないでしょう。

そのため、軍票素材を使わない錬金溶剤G3は作りやすいのです。

数を作って利益を上げることができます。

4、新式の今後の需要

新式はレイドを早期攻略するための装備なので、パッチ実装直後は売れます。

しかし、時間が経過すると伝承装備やレイドの装備がそろってくるため、徐々に売れなくなります。

では、その材料である錬金溶剤G3はどうなるのか。

実は意外と今でも売れます。

新式の需要は減りつつありますが、拡張を迎えるまではゼロにはならないからです。

それは、レベル60に到達したばかりのプレイヤーに対してかなり有効だからです。

だいたいレベル60になったばかりのプレイヤーのILは140~150くらいです。

それが一気にIL250にまでスキップすることができ、様々なコンテンツへ行ける準備も整えることができます。

今後新規プレイヤーがレベル60に到達したときのことを考えると、今度はレイド用から新規用へ需要を変換させることができるのです。

また、サブクラスなど伝承装備をつぎ込めないケースなどにも新式は有効です。

そのため、錬金溶剤G3は少なくとも拡張を迎えるまでは売れ続けると予想できます。

以上のことから、錬金溶剤G3が金策に使える理由となります。

錬金術師マイスターであれば、この溶剤で稼ぐのがいいと思います。

~材料 入手先一覧~

・ゴブリノール

NQ 伝承20個
HQ 伝承50個

・沸石

採掘60☆☆☆

低地ドラヴァニア
ET6時~
4段目
伝承録が必要

・モリーユ

園芸60

低地ドラヴァニア
ET0時~、12時~
7段目

・熊脂

モンスターからのドロップ
リテイナーへの依頼

・キャットニップ

園芸60
低地ドラヴァニア

・イノンド

園芸55
クルザス西部高地

・グリフィンの爪

モンスターからのドロップ
リテイナーへの依頼

・ワイバーンの翼膜

モンスターからのドロップ
リテイナーへの依頼

・カベイジの野菜

園芸60

クルザス西部高地
ET9時~、21時~
6段目

・ポンポンポン

場所:ドラヴァニア雲海 グリーンスウォード島
時間:なし
天気:なし
エサ:ゴブリンジグ

リテイナーへの依頼も可能

・夕空珊瑚

場所:ドラヴァニア雲海 ソーム・アル笠雲
時間:なし
天気:なし
エサ:レッドバルーン
備考:引っ掛け釣り

リテイナーへの依頼不可

・青空珊瑚

場所:アバラシア雲海 クラウドトップ
時間:なし
天気:なし
エサ:レッドバルーン
備考:引っ掛け釣り

リテイナーへの依頼も可能