【FF14 予想金策】 ○○の錬金溶剤G2

今回はいつもとちょっと趣向を変えて、金策の中でもパッチ3.4に向けた準備としての金策を扱います。

要するに・・・以前ちょっとだけやっていたヤマを張るの記事と一緒です。

予想の記事なので、実際に儲かるかどうかは分かりません。

というわけで、注意事項です。

この記事を見てアイテムを集めるかどうかは、あなた次第です。

このサイトについて」に書いてある通り、責任は負いかねます。

ご了承ください。

スポンサーリンク

解説

さて、パッチ3.4で稼げそうなアイテムの中でなぜ錬金溶剤G2を選んだかというと、このアイテムはいろいろ不自然な点が多いからです。

・パッチ3.3で実装されたアクアポリスでドロップする

・このアイテムで作れるのはIL180の装備

・今更IL180の装備を作る必要性がないのになぜかドロップする

・錬金溶剤G2の原料である「浮島の泉水」もドロップする

クラフターをやっていてアクアポリスに行っているプレイヤーの中には、気づいた人もいるかもしれません。

実際、錬金溶剤G2のマーケットでの値段はアクアポリス実装当初と比べて10倍以上の値段になっています。
(だいたい200ギル→2000ギル以上)

つまり、複数のプレイヤーが気づいてマーケットで買ってしまうほど、不自然なドロップなのです。

今は禁書を集めればIL200の装備が入手でき、IL180の装備は必要ありません。

それなのに錬金溶剤G2がドロップするということは、パッチ3.4の新式に使われるのではないかと考えるのも、あり得る話ではあります。

IL180で錬金溶剤G2、IL220で錬金溶剤G1を使っているので、次の新式も錬金溶剤を使うのではないかという考え方です。

そこで安いうちに(もう高くなっていますが)錬金溶剤G2を集めてパッチ3.4に向けて儲けようというのが今回のテーマになります。

しかし予想する以上、実際にそうなるか、いくつか可能性を考える必要があります。

その中には思い過ごしではないかという考え方もあるので、いくつかのパターンを示してみます。

・パターン1
錬金溶剤G2をそのまま使う

一番稼げそうなパターンは、新式の材料にそのまま錬金溶剤G2を使う場合です。

新式を作ろうとするプレイヤーに溶剤を売ることができますし、自分で作る場合は材料費を抑えることができます。

新式の難易度によってはHQでないときびしい場合があるので、錬金溶剤G2そのものではなく原料を集め、錬金溶剤G2のHQ品を作っておくという手があります。

そのため、錬金溶剤G2ではなく、材料のクラリーセージなどを集める方が稼げる可能性があります。

・パターン2
錬金溶剤G3が登場する

考えるべきは、マイスターの存在です。

だいたいパッチごとに全クラス何らかのマイスター専用レシピが登場します。

そこで錬金術師のマイスターレシピとして錬金溶剤G3が登場する可能性があります。

実際パッチ3.3では錬金術師がルミナスファイバーを作ることで、他のクラスへ材料を提供する形になりました。

同じことがこの新式の材料でも起こる可能性があります。

ただ、そういったケースであっても、錬金溶剤G2が材料として使われるなら、錬金マイスターに向けて売ることができます。

もし使われないのであれば・・・お察しですね。

・パターン3
全く使わない

もちろん錬金溶剤G2を使うというのはただの予想なので、パッチ3.4の新式に使わない可能性も大いにあります。

じゃあ、なぜ錬金溶剤G2がドロップ品になっているかというと、蒼天のイシュガルドをクリアしたてのプレイヤーに向けて、つなぎの装備を作ってほしいという意図があるのではないかと考えることができます。

蒼天のイシュガルドをクリアした時点だと、だいたい平均ILは150です。

そこで禁書を入手するコンテンツに行けるようにするために、IL180の装備をマーケットで流通させてほしいという開発陣の考えがアクアポリスのドロップにつながった可能性があります。

実際アクアポリスのドロップ品の中にはグリフィンレザーや星絹布など、IL180装備の他の材料も入手できるようになっています。

要するに、錬金溶剤G2がパッチ3.4で使うというのはただの思い過ごしで、本当はIL180の装備をたくさん作ってほしいという意図があってのドロップだったということですね。

以上が考えられるパターンです。

今更ドロップしているのだからパッチ3.4の新式に使うのだという考え方と、アクアポリスの材料でIL180の装備を作れるから思い過ごしだという考え方。

そのどちらもあり得るとは思います。

材料が安く入手できるうちは、たとえ予想が外れても大きく損はしないと思うので、自分の判断に従って材料を集めるか集めないかを考えていただければと思います。

では最後に、材料一覧を載せます。

・剛力の錬金溶剤G2

クラリーセージ
モリーユ
浮島の泉水×3
暁光の霊砂×2

・眼力の錬金溶剤G2

クラリーセージ
キャットニップ
浮島の泉水×3
暁光の霊砂×2

・活力の錬金溶剤G2

クラリーセージ
グリフィンの爪
浮島の泉水×3
暁光の霊砂×2

・知力の錬金溶剤G2

クラリーセージ
カベイジの野菜
浮島の泉水×3
暁光の霊砂×2

・心力の錬金溶剤G2

クラリーセージ
夕空珊瑚
浮島の泉水×3
暁光の霊砂×2