FF14 金策の手引き 【14】 序盤の金策

今回は序盤の金策をテーマにしてみます。

この金策の手引きで触れていなかったテーマですし、最近は新規の人がちらほら増えているみたいなので、少しはお役に立てるのではないかと思います。

まずはそもそも序盤に金策が必要かどうかから始めてみます。

スポンサーリンク

金策の手引き 序盤の金策

序盤の金策の必要性

序盤の金策と言いながら、実のところ結論から言えば序盤に金策を行う必要性は薄いです。

まず、序盤はギルが必要になる状況があまりないということがあります。

装備品はID・リーヴ・クエストから入手できるので、ギルを使う機会はテレポ代くらいしかないからですね。

ただ、ギャザクラを始めるなどギルが必要になる状況は色々と作れるので、これはプレイヤーごとに違うと思います。

問題は、ギルをたくさん稼ごうと考えるなら新アイテムを扱った方がいいということですね。

FF14はオンラインゲームなので、常に新パッチで新アイテムが実装されます。

このゲームはレベルをカンストさせてからコンテンツを楽しむ形を取っているため、多くのプレイヤーは何かしらのレベルをカンストさせていますし、ギルを大量に持っているのもこういったプレイヤーです。

そういうプレイヤーが欲しがるのは新式装備やミニオンなどの新アイテムなので、このプレイヤー相手に商売を行った方が大量にギルを稼げます。

そして、その商材である新アイテムを入手するにはこちらもレベルをカンストした状態である必要があるので、結局はレベルを上げて装備を整えるのが一番の近道だったりします。

とはいえ、それも時間がかかります。

そこで序盤の金策として、

・序盤でも確実に稼げるやり方

・序盤でも入手できるアイテムでカンストプレイヤーが必要としているもの

この2つを考えてみます。

戦闘職

・モブハント

Lv50以上かつ特定のクエストをクリアする必要がありますが、毎日(毎週)モブハントを行うことでギルと同盟記章を稼ぐことができます。

稼いだ同盟記章はアイテムと交換することができ、ベンチャースクリップと交換することでリテイナーにアイテムを集めてもらったり、転送網利用券と交換してテレポ代を節約したりできます。

・トレジャーハント

Lv36以上かつ特定のクエストをクリアする必要がありますが、宝の地図というアイテムがあればトレジャーハントができます。

これをクリアすればギルやアイテムを入手することができ、その中には未だに値段が高騰しているアイテムもあるので、そういったアイテムを入手できれば稼ぐことができます。

ただ、地図によって難易度が違い、ソロでのクリアが難しいものもあるので、挑戦する時は注意が必要です。

また、宝の地図はマーケットから購入することができますが、それだとなかなか稼げないので、ギャザラーのレベルを上げて自力で宝の地図を採集できるようになった方がいいですね。

ギャザラー

・カンストプレイヤーが必要な素材を集める

序盤に採集できるアイテムであっても、カンストプレイヤーが必要なものがいくつかあります。

〇銀鉱

ハードシルバーナゲットやダリウムナゲットなど序盤以外にも出番があり、シルバーインゴットはエーテリアルホイールG1の材料でもあるので、FCを運営しているプレイヤーが欲しがるアイテムとなります。

〇ソーダ水

クロウラーの絹糸や玉糸などの出番があり、重曹は梳毛糸の材料となっているため色々な出番があります。

他にもいくつか候補がありますがキリがないので、基本的にはどんなアイテムでもマーケットで検索する癖を付ければいいと思います。

入手できるアイテムの履歴を見て、売れているアイテムだと分かればそれを集めればいいわけですね。

クラフター

クラフターが作れるものでカンストプレイヤーが必要としているものは少ないです。

どちらかと言えば同レベル帯のプレイヤーが必要としているものが多いと思うので、これも作れるアイテムをマーケットで検索してみればいいですね。

ハウジングアイテムなど、装備以外を探してみるのもいいかもしれません。

その他

・攻略手帳

戦闘やギャザクラ問わず、攻略手帳をこなすと一定のギルを入手できます。

5種類達成することでボーナスがもらえるので、それを狙ってもいいですね。

・蛮族クエスト

こちらも戦闘やギャザクラ問わず、クリアすることでアイテムなどがもらえます。

蛮族通貨をアイテムに換えるのもいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無しの出品者 より:

    グラカン納品のアイテムを2個作って片方出品するのがおすすめ
    リーヴ品も悪くないけど、売れる頻度が低いと感じます